究極の背徳「水かけめし」を食らう!!

ご飯に冷たい水をぶっかけて食べる「水かけめし」というのがあるらしい。

 

それを知ったのはとあるテレビ番組。

そこで榊原郁恵が

「旦那(渡辺徹)がよくご飯の上にハンバーグをのせてそこに水道水をかけて食べるんですけど、それをやめてほしいんです。」

と言っていたのだ。

そこでは再現VTRも紹介されていたのだが、これがどう見てもウマそうに見えないのだ。

f:id:hiroe_toru:20170308191732j:plain

水道から直接水をかけられるほっかほかのご飯。

デリカシーが微塵もない。

畳に土足で上がるだけでは飽き足らず、そこでツイストダンスをするぐらいの暴挙。

これには子供の頃の私も「これはやったらアカンやつや」と思った。

なんというか意識の低さが針を振り切っとる……と。

 

だが!!

グルメ通で知られる渡辺徹

実はウマいんじゃないだろうか……?という思いもわずかだがあった。

 

そして時は経ち、先日こんな本を手に入れた。 

汁かけめし快食學 (ちくま文庫)

汁かけめし快食學 (ちくま文庫)

 

この本の中で

水漬は水飯ともいい『源氏物語』や『枕草子』に、湯漬は中央の平安貴族の大饗という格式ある宴会に、雅びに登場する由緒正しいものであるゾ。

とある。

ここでいう水漬けというのは水かけめしのことで、ハンバーグこそのっていないが、渡辺徹と同じあのやり方で平安貴族が食べていたことが書かれているのだ。

意識低い系の食べ物だと思っていたあれが、元はめちゃめちゃ意識高い系の食べ物だったのだ。

1000年の間に日本人はだいぶ変わった。

源氏物語』の登場人物の光源氏光GENJIというアイドルになって、タイヤのついた靴をはいて踊っていたのだ。

そう考えればそのぐらいの変化もあるだろう。

 

前置きはそれぐらいにして、今回はその問題の水かけめしを作って食べたいと思う。

まず、ほかほかご飯をお椀に盛って。

蛇口の下にセット!!

f:id:hiroe_toru:20170308154604j:plain

だいたいわかっていたことだが、ここからがものすごく躊躇するのだ。

頭の中で点滅する「WARNING」の文字とけたたましく鳴り響くサイレン。

カレーを作る時、大きな鍋で玉ねぎや肉を炒めてからそこに水を注ぐという工程があるが、その際水道から直に水を入れる行為がどうもダメで(今まで頑張って炒めた具を全部ダメにする気がする)、いつも一旦別のお鍋に水を入れてそれをカレーの鍋に注いでいた。

その「一旦別のお鍋に水を入れてからカレー鍋に注ぐ」というワンクッションは全く意味のない行為なのだが、直接水道水ジャーッはどうしてもできない。

 

でも言っていても仕方がない。ここは渡辺徹イズムだ。

f:id:hiroe_toru:20170308142636j:plain

ジャ〜〜〜〜〜。

ぶっかけた。

お百姓さんに対する冒涜、そして背徳感。

ご飯に直で水道水をかける行為は背徳感を感じられる新しいアトラクションだ。

f:id:hiroe_toru:20170308142645j:plain

みずみずしさはあるが、シズル感の瑞々しさではなく「水々しさ」。

ヘレン・ケラーならずとも「ウォーター!!」と叫んでしまいそうな見た目だ。

でも、一気にかきこむ。

f:id:hiroe_toru:20170308142654j:plain

f:id:hiroe_toru:20170308142800j:plain

f:id:hiroe_toru:20170308142749j:plain

f:id:hiroe_toru:20170308142706j:plain

お〜〜〜〜〜っ!!

これ、全然あり!! 

むしろウマい。

ご飯のあったかさで水の温度が上がってちょっとぬるめのお粥になり、そのぬるさゆえサラサラと胃に流し込める。

この日は二日酔いで食欲があまりなかったのだが何杯でもいける気がする。

頭の中で思い浮かべていたカルキ臭さなど全くない。

 

世の中は意外性に満ちている……。

 

玄関開けたら2分でご飯、2分5秒で水かけめしの時代になったと紫式部にも伝えたい。 

f:id:hiroe_toru:20170308142808j:plain

というわけで料理のレパートリーが増えました。

 

 

何も言ってないテレビ欄が好きだ

テレビ欄をながめているのが好きだ。

それもネットで見ることのできるやつやテレビをつけたら出てくるやつじゃなくて、テレビ誌の2週間分のテレビ欄。

f:id:hiroe_toru:20170206234425j:plain

なぜそのテレビ欄がいいかというと、その雑誌が出る段階では放送内容が決まってなくて曖昧にしかテレビ内容を説明することができず、「色々説明しているけどこれ結局何も言ってないのと一緒じゃん!」というのがあるから。

この何も言ってないテレビ欄が好きなのだ。 

あまり説明しても意味がわからないと思うので、まずはこれを見てほしい。 

f:id:hiroe_toru:20170206191628j:plain

すごくいい……。

この見事に何も言ってない感じがたまらない。

もう職人の領域とすら言える。

「爆笑ハプニング連発」に「!?」をつけることで本当に起こることかどうかをモヤっとさせ、最後は「大爆笑の渦が待ち受けている」で締める。

まったく番組の内容が見えてこず、プロの技を見させてもらったという読後感だけが残る。

 

これを見て夏休みの読書感想文で原稿用紙を埋めるために改行したり句読点をいっぱい使ったりして文字数を稼いだのを思い出した。 

テレビ欄のマスを埋める人たちはあの涙ぐましい努力を大人になってもやっている人達なのだ。

そう思ったらテレビ欄を見逃すにはいかないだろう。

 

他にもある。

f:id:hiroe_toru:20170206191741j:plain

「白塗りで極太マユのおなじみバカ殿様

そんな冷静な目でバカ殿を見る人がまだこの日本にいたのか、という驚きに打ちのめされる。

 

次はこれ。

f:id:hiroe_toru:20170206191809j:plain

 「面白ツアー」である。

 これも何も言ってない。

でも5文字だ。

5文字で番組の内容を説明しろと言われたら「面白ツアー」の5文字以外ないだろう。

松島や / ああ松島や……と来たら「松島や」しかないのだ。

あれと一緒だ。

 

f:id:hiroe_toru:20170206191847j:plain

「いたずら映像」

この昭和感が漂うタイトルと、そして「もうお前には説明はいるまい」と読者の想像力に丸投げしたかのような空白に余裕すら感じる。

まさに横綱相撲である。

 

 そして最後

f:id:hiroe_toru:20170206191920j:plain

ニュース番組は書くことがなさすぎて画面の大きさをプッシュ。

 

やはり何も言ってないテレビ欄は奥が深い……。 

 

ドキドキ!豪邸ウォッチング

豪邸が好きだ。

無駄に長いエントランス、ピカピカに磨かれた高級車。

住宅街で見つけたらミーハー丸出しでまじまじと見てしまう。

そして、必ずわき上がる疑問。

「ここの人は何をしてる人やろ?」

 

いつもはその疑問で終わっていたが、ある日気付いてしまった。

 

スマホで表札の名前、検索したらいいだけやん!」

 

なんだこの感覚……

ことの発端は先日、近所を散歩をしていたときだ。

普段あまり通らない道を歩いていると、これは!という感じの豪邸を発見した。

自分の身長の倍ほどある高さの門と、お城のような家。

門についた監視カメラまでもが立派。

 

「で、でけぇーー!!」

 

今まで実際に見た豪邸の中でもかなり上位クラスの豪邸だ。

f:id:hiroe_toru:20150715194223j:plain

ドーベルマンペルシャ猫といったペットに加え、キンシコウのような中国の変わった猿とかも飼っていそうな金持ちぶりだ。

 f:id:hiroe_toru:20150715201135j:plain

そんな事を考えていると、表札が目に入った。

しかもフルネーム。

 

最初は「何の仕事をしている人だろう」と思ったが、フルネームさえわかれば調べればいい事に気が付いた。

 

これだけ儲けている人だったら、名前で検索すれば一発で出てくるはずだ。

 

わからない事があれば解決するまで調べなさい、と小学校の時先生が言っていた。

豪邸の表札も「わからない事」に含まれるのかどうかわからないが、法律に触れるわけでもないから、たぶんいいのだろう。

 

そして、すぐさまスマホで検索すると、案の定一発でどんな人が住んでいるかわかった。

 

住人はパチンコの会社の会長だった。

 

お〜、そうかそうか。パチンコの会長か。なるほどね。

何がなるほどね。かわからないが、かなりテンションが上がったのは事実だ。

 

この家の人はパチンコで儲かったお金で豪邸を建てたという、みんなが知らない事を自分の力(正確にはスマホの力)で解明したという喜びがそこにはあったのだろう。

 

いい遊びを見つけたぞという気になった。

 

豪邸探しが始まった

後日、改めてカメラと三脚を持って豪邸を探すことに。

家の表札を見てスマホで検索して回るという怪しさ満点の遊びなので、出来るだけ普段と変わらぬ怪しくない格好で出かけることにした。

f:id:hiroe_toru:20150715194518j:plain

一応だが……

豪邸の写真を勝手に掲載してしまうと、そこの家主の人に迷惑をかけるので、

・豪邸は場所が特定できないように、絵で伝える

・もちろん名前は掲載しない

と決めた。

 

楽しい遊びを紹介したいけれど、一番楽しい部分を1つも伝えられないという難しさ。

バットとボールを使わずに野球の楽しさを伝えるようなものだ。

これは楽しい遊びを見つけた僕に神様が与えた試練だと思う事にした。

 

外交官の家

最初に見つけたのは建物自体が円形のコンクリートうちっぱなしの家。

遊び心と財力を感じさせる1軒だ。

f:id:hiroe_toru:20150715201211j:plain

「硬そうな家だなー!!」

 

表札にフルネームで名前が書いてあるのでさっそく調べてみると、Wikipedia情報で外交官ということがわかった。

外交官!!

外交官という職業があるのはもちろん知っていたけど、本当に実在するんだ!と思った。

人生の中で外交官と一番近づいたのがこの瞬間だと思うと我ながら悲しいが、この機会がなかったら本当に接点がなく一生が終わっていただろう。

 

もし将来、家族ができて子供が

「パパ、外交官ってな〜に〜?」

と聞いてきても

「コンクリートうちっぱなしの家に住んでいる人達のことだよ」

と言えるぐらいは成長した。

 

不審者

そうやって豪邸を探しながらスマホ片手にウロウロしていると、完全に僕を怪しがって見てくるおばさんがいた。

 

そりゃ、そうだ。

 

あのおばさんには僕は泥棒の下見をしているようにしか見えなかっただろう。

本物の泥棒も下見をしている時はおそらく私服だろうし、豪邸の前に立ってスマホで住人の情報を調べるだろうから。

(よって、おばさんの目に狂いはないと言える。)

f:id:hiroe_toru:20150715194834j:plain

↑ 怪しさ満点!通報待ったなし!といった感じに見えたはずだ。

 

近所で変な噂がたったらどうしよう……。

 

リアルに危険な遊びとはこの事じゃないのか?と思いながら、

「いや……、た、ただ猫の写真を撮っているだけですよ」

という顔で猫の写真を撮った。

f:id:hiroe_toru:20150715194918j:plain

ナイス猫!

 

部下も豪邸だった

次に見つけたのは高台にある、茶色のタイル貼りの立派な家。

敷地も広いし、豪邸には違いないが

「うちなんて、そんな……」

と謙虚さが垣間みられる、そんな1軒だ。

f:id:hiroe_toru:20150715202029j:plain

また例のごとく名前を検索すると……

最初にみたパチンコの会社の社長の家ということが判明した。

 

やはり近所に住む会長が前述のああいった派手な家だから、社長は控え目な家にしたのだろう。

会社勤めは家を建てるときも上司に気をつかわなければならないのか。

大変だな。

 

会長、社長ときたらこの会社の専務、部長、平社員の家の写真を役職順にズラ〜っと並べたいという欲求も出てきた。

 

このような感じで、他にも大物俳優、その道では有名な陶芸家、議員さん、鉄道関係の会社の社長など金持ちの家をたくさん見た。

 

一言で豪邸と言っても色んなタイプがあるし、職業や会社での役職に家の趣味は反映されていることもわかった。

(また、それを勝手に想像するのも楽しい。)

 

そしてやっぱり豪邸はいいね〜ということ。

それは「いつか僕もこういう家に住みたい」といういいね〜ではなく、次元が違い過ぎて「僕なんて……」と卑屈にならずに済むところがとてもいいのだ。

 

だからこれからも豪邸を発見したら、どんどんスマホで検索していきたいと思う。

 

後日談

近所の豪邸の住人がどんな人なのかを大体把握したので、後日友人と歩いている時にここは〇〇の社長が住んでいる、ここは△△の会長が住んでいると教えてあげたが、少し気味悪そうに「……そ、そうなんだ。」と言っていた。

 

やっぱりこれは1人でこっそり楽しむ遊びだ。

 

半年間放置したぬか床を見て反省する

ぬか床を放置してしまった。

毎日かき混ぜないとすぐにダメになってしまうということを知っているのに放置した。

仕事が忙しくて、そんな事をやっている暇がないというのが理由ならいいんだけど、そういうわけではない。

単に嫌になっただけだ。

 

今日は久しぶりにその「ぬか床」の様子を見てみようと思う。 

 

ぬか床に振り回される

今からさかのぼること半年。

毎日晩酌のおつまみを買いに出かけるのがおっくうだったので、

「よ〜し、これからは自分で漬け物を毎日作ってそれをつまみながらチビチビ飲もう。唐揚げや餃子でビールを飲む時代は終わったんや。ワンランク上は漬け物つまみながら焼酎でチビチビや!」

と思い、ぬか床をスーパーで買ってきたのだ。

f:id:hiroe_toru:20150603150036j:plain

だが、結果から言うとチビチビは5日も経たないうちに辞めた。

漬け物を漬けたから早く食べなきゃ、今日こそ食べなきゃ腐ってしまう!という強迫観念に駆られたからである。

もちろん仕事中も気になって仕方がない。

頭はもう、ぬか一色。

文字通りぬか漬けだ。

そして最終的には

「ぬか床に振り回される人生なんて、もう嫌や〜!」

と思い、台所の棚にしまったのだ。

 

あぁ……ごめんなさい。

 

僕は最低な人間です

ぬか床はペットのようなもの、と誰かが言っていた。

それは、ぬか床の世話も出来ない人がペットなんて飼えるわけがない、という意味にもなる。

 

だが僕は昔、実家でペットを飼っていた。

 

25年程前、家族で奈良のあやめ池遊園地にいく途中、僕たちが乗っている車を追いかけてくる子犬がいた。

それは本当に可愛らしく、家族全員が

「あいつを飼おう!」

という意見になり、遊園地に行く予定をキャンセルし子犬を家に持ち帰った。

飼いはじめた当時は僕もちょくちょく散歩に連れて行っていた。

だが、だんだん成犬になるにつれて犬の力も強くなっていき、僕はほとんど散歩に行かなくなってしまった。

(この話、動物好きの人が聞いたら怒るんだろうな……。先に謝っておきます。ごめんなさい。でも、ちゃんとしっぺ返し食らいますんで。)

結局、犬の散歩は母の仕事になった。

f:id:hiroe_toru:20150603214614j:plain

それから6〜7年経ったある年の大晦日。(僕、中2。犬、8歳ぐらい)

母がおせちを作ったり、大掃除したりで忙しそうだったから、僕が久々に犬の散歩に出かけることにした。

散歩終盤、隣の家の前に差し掛かった頃、突然そこの家の飼い犬が吠えて道に飛び出し、うちの犬とケンカになった。

当然僕はケンカを止めるためにリードをグイっと引っ張る。

するとうちの犬は、その勢いのまま僕にキバをむいて向かってきた。

突然の事だったので、僕は何もできず無防備な左足にガブっといかれた。

 

それは日頃、

「こいつ全然散歩してくれねーな!」

という怒りがこもった渾身の「ガブっ」だった。

 

結局足を30針縫う大けが。

大晦日の忙しいときから1週間ぐらい入院した。

f:id:hiroe_toru:20150603150216j:plain 

f:id:hiroe_toru:20150603150241j:plain

赤ペンで◯をつけた所が当時の傷跡。

自業自得とはまさにこの事。

こんな最低な僕にペットを飼う資格や、ぬか床を扱う資格はないのだ。

 

あぁ……ごめんなさい。

 

話は逸れてしまったが、ぬか床である

さて、ここに問題のぬか床が眠っている。

f:id:hiroe_toru:20150603150338j:plain

半年間、1回も開けずに来た。

もう、この中がどうなっているかはわからない。

中で腐敗が進み、虫がわいているかもしれない。

異臭騒ぎになるかもしれない。

扉を開けた途端……、大爆発が起こるかもしれない。

(映画『ハートロッカー』のワンシーンが僕の頭をよぎった)

f:id:hiroe_toru:20150603150415p:plain

怖いよ〜、ごめんなさい!

 

だが、後片付けに手間がかからない程度に、ものスゴくカビが生えているのを期待している自分がいる事も確かだ。

人間ってややこしい。

好奇心ってやつだ。

 

もしそんな事になっていたらどうしよう。

普通にそのぬか床はゴミとして捨てていいのか?

もし、普通に捨てたら清掃業者の人がゴミ袋を持った途端に重量的に変な物が入っていると思い、持って行くのを拒否しないだろうか?

 

なので、ここはどうにかして自分で処理したい。

 

少しずつポケットにぬかを入れて公園に捨ててこようか?

なんだか脱獄モノの映画のワンシーンみたいでかっこいいじゃないか。

f:id:hiroe_toru:20150603150502j:plain

f:id:hiroe_toru:20150603150515j:plain

f:id:hiroe_toru:20150603150528j:plain

f:id:hiroe_toru:20150603150541j:plain

いや……これは怪しい!

腐ったぬかを捨てていくなんて新手の妖怪みたいじゃないか。

たとえ捨てるのが成功したと思って喜んでいても、誰かに通報されていて、喜びがぬか喜びになるのは目に見えている。

 

うまい事言っている場合じゃない。

こんな事をしている間にもぬか床の腐敗は進んでいるのだ!

  

ついに対峙する時が来た

というわけで、ようやく実物をみることに…。

完全武装だ!

f:id:hiroe_toru:20150603150630j:plain

おそるおそる扉を開ける。

f:id:hiroe_toru:20150603150706j:plain

おぉ……まだある。(そりゃそうだ。)

これが問題のぬか床だ。

爆風は襲ってこないし、驚くことに異臭もなかった。

f:id:hiroe_toru:20150603150743j:plain

一見普通だ。

だが、油断は禁物だ。フタを開けるまでは分からない。

f:id:hiroe_toru:20150603150819j:plain

そ〜っと開ける。

いよいよだ……。

f:id:hiroe_toru:20150603150841j:plain

………………。

ん?最後に見た時からほとんど変わっていない気がする。

匂いも以前と同じぬか床の香り。

f:id:hiroe_toru:20150603150906j:plain

いや、よーく見ると、全体的に前よりも白く、うっすらうぶ毛のようなカビが生えている。

端の方には緑のカビもある。

 

でも、全然思ったほどグロくない!!

 

なんなんだ!

この残念な感じは!?

何がハートロッカーだ!

想像を遥かに下回るこの見た目。

ここまで読んでくれた方、本当にごめんなさい!!!

 

一応、結論を言っておくと

「ぬか床は半年程度でめちゃくちゃ腐るということはない」

でした!

 

というわけで、このまま終わる訳にもいかないので

「次は1年後に会おう!」

と告げ(告げてないが)、また元あったところにしまっておいた。

f:id:hiroe_toru:20150603151045j:plain

ごめんなさい……。